Menu

ヘッドライン

フィリピン総合指数週足と指数採用30銘柄の投資レーダー

市況概要

株式市場米中貿易戦争の行方を懸念しさえない展開だったが、14日はほとんどのセクターが上昇、PSEiも8000Phを上回って引けた。BDO、ALI、JFC、SM、SMPH、MBT、およびBPIなどのブルーチップの上昇が目立った。 背景にはBuildプログラムでの政府との合意を好感した格好だった。(Norman Salcedo
為替市場米中貿易戦争が緩和されるとの見通しからアジア通貨全体に上昇が続いている。14日もPHP/JPYは0.07ポイント近く上げ2.115円に迫っている。(Norman Salcedo)
金利動向資金需要が旺盛で利回りは若干の上昇。プレースメントは5.1565%となった。また債券の平均金利はオファー増により先週の5.1788%から5.1839%に上昇した。(Jon Quijano)

◆PSEiの日足チャート(赤は6本遅行)

picture

◆PHPJPYの日足チャート

picture

◆10年国債金利の日足チャート

picture

アナリストの見方(毎週月曜更新)

  • 2019/2/11 2/11 先週は不安定な展開となりPSEiは週初比60.66ポイント安の8070.89Phで終了しました。Holding Firms sectorは事業拡大への期待が強く高く引けましたが、そのほかのセクターがマイナスとなりました。MEG、PCOR、MPI、AGIなどが活発に取引されましたが、引けにかけて売られました。ただ依然、フィリピン経済への信頼は厚く、今週は再び上昇に転じるものと思われます。(By:Norman Salcedo)
  • 2019/1/26 今週の株式市場は活発な動きとなりました。 PSEiおよび一部の企業では若干の波乱気味でしたが、全体的には素晴らしい方向に進んでいて、まだ強気を維持できる相場です。個別では、Ayala Corporation(AC)、BDO Unibank、Inc.(BDO)、およびSM Investments Corporation(SM)の人気が高まっていました。これらは長期的にも魅力のある銘柄です。(By:Norman)
  • 2019/1/4 全体的に見て、今週のマーケットは非常に良好でした。 すべてのセクターが上昇、PSEiは戻り高値を更新しての終了となりました。BDO、SMPH、AC、JFCなどが活発に取引され、Cemex Holdings Philippines、Inc.(CHP)、Omico Corporation(OM)およびFilinvest Land、Inc。(FLI)などが週末高となりました。一方 F&Jプリンスホールディングス社(FJP)、マニラ・ブレティン・パブリッシング社(MB)、およびフェロヌーホールディングス社(FERRO)はさえない展開でした。今後は短期取引が活発化し、より多くの投資家がフィリピン市場に参入するようになり、大きな期待を持ます。 (By:Norman Salcedo)
  • 2018/12/25 中勢上昇相場の第一波動後の調整局面だが、予想以上に相場は強く先行スパン2で反転してきた。すでに前回、戻りの第2メドを抜けているため、次に戻り高値を抜ければ全値戻りの7900ポイント抜けに挑戦しよう。

PSEのINDEX一覧 (毎日更新)

企業の最新ニュース

◆ニュースな銘柄の3本ロウソク足と投資力レーダー◆

CPGの高値予:0.4415 安値予:0.4225

より多くのテーブルデータを表示するにはスライドしてください。

日付会社名NewsNews & Chart
2/14 Metro Pacific Investments Corporation(MPI)物流部門のMetroPac Movers Inc.(MMI)を通じて、CaviteとBulacanに流通センター建設を計画。サウスメガDCは、MMIが昨年P12億で購入した202,000平方メートルの土地で開発される予定。また、ノースメガDCの建設のために、2億4,480万ペソの価格で、ブラカン州サンラファエルの合計277,857平方メートルの土地区画を取得した。開発のためにAboitiz Construction Inc.と提携。(Shan Nidea) 
2/12 BDO Unibank, Inc.(BDO)投資向けの資金需要に対応するため350億Phpの固定金利社債を発行。利率は6.42%で四半期ごとの支払い。(Jon Quijan) 
2/12 Phinma Corporation(PHN)完全子会社のPHINMA Education Holdings、Inc.が、2019年2月11日にインドネシアTripersada Global Manajemenとのジョイントベンチャー契約を締結し、PT Ind Phil Managemen(IPM)を設立。IPMは高等教育を行うYayasan Triputra Persada Horizo​​n Educationの管理会社で、第一弾としてインドネシアの西ジャワに新設。PHINMA Educationは合弁会社の66%に相当する744億5000万ルピア(約530万ドル、2億7,700万PHP)を出資。 
2/11 Phoenix Petroleum Philippines, Inc.(PNX)ベトナム、インドネシアなどに事業申請書を提出、東南アジアでの事業拡大に意欲。また、エネルギー省が進める液化天然ガスの事業主体であるTanglawan Philippine LNG Inc.にも40%出資する可能性を示唆。 
2/8 Ayala Land, Inc.(ALI)Prime Orion Properties Inc.(POPI)への持分を統合する計画の一環として、三菱商事が所有する工業団地開発者Laguna Technopark Inc.の20%の株式を購入。 Laguna Technoparkの20%の株式はPOPIの323.887百万の追加株式と交換され、後者の発行済株式の6.6%を保有することになる。(Norman Salcedo) 

More

今週の決算変動リスト

上へ行く