Menu

マクロ経済ニュース

10/29 5:49更新

日付NEWS
10/27ANZリサーチが20年下半期の海外労働者から国内送金が前年同期比9.7%減少すると予測。Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)によると、8月までの8か月間に、海外のフィリピン人労働者が送金した金額は、前年比2.6%減の192億8500万ドルであり、年末にかけてさらに縮小するとの観測を示した。
10/23国際労働機関(ILO)によるとフィリピンは上半期の衣類輸出が前年比39%減となり、最も減少した国の一つであった。これにより業界雇用者約120万人のうちの20%にあたる2万人の雇用削減が迫られるだろうと推測。
10/22フィッチ・レーティングスがインバウンド観光の需要は21年後半か22年からになると予測。国内旅行は規制緩和により回復の兆しがあるものの、国際観光は旅行制限の緩和が遅々として進まないとの見解を示した。フィリピンの国際観光需要はGDPの3%を占めている。
10/22国連貿易開発会議(UNCTAD)が最新レポートの中でフィリピンの輸出の回復が遅れていると指摘。第3四半期の輸出額は前年同期比マイナス8.7%まで落ち込む見通し。背景には厳しいロックアウトと物流コストの高さがあると指摘した。
10/20ファーストメトロインベストメントコーポレーション(FMIC)とアジアパシフィック大学(UA&P)が発表した「The Market Call」レポート10月号で、第3四半期のGDPはマイナス5%にとどまると観測。引き続き縮小は引きずるものの第2四半期のマイナス16.5%に比べると大幅な改善となる。ロックアウトの緩和と政府の財政支出増などが背景。

 

マクロ経済カレンダー

社名クリックで最新会社情報が開きます。

日付曜日決算発表経済指標
10/26







10/27







10/28Puregold Price Club, Inc. Holcim Philippines, Inc. Philex Mining Corporation




10/29






10/30ABS-CBN Corporation ABS-CBN Holdings Corporation


小売価格指数 (前年比)

10/31




 

マクロ経済チャート

・【GDPとPSEiの推移】GDPはIMF予想、指数は現在値 ・【PSEiと日経225の比較】2003年末=100で指数化

上へ行く